FC2ブログ

2011年06月

テシオコザクラの旅(後篇)

さて、テシオコザクラの群生地を離れて一行はサロベツ原野へ。
去年来た時のビジターセンターは今は取り壊され、場所が変わってました。
DSC_6091_20110603_3578_02.jpg
ショウジョウバカマ。湿原のものなので淡い赤色。
DSC_6093_20110603_3580_01.jpg
そして珍しい(?)白いバージョン。

ビジターセンターきれいでした。

DSC_6099_20110603_3585_01.jpg
気づけばえらいとこまで来たもんだw
まさかの宗谷岬。去年に引き続き2回目。再びこの地を踏むとは思いもよらなかったw
ちなみに観光客はあまりいなくて静かでした。

DSC_6101_20110603_3587_01.jpg
浜頓別のクッチャロ湖。オホーツク海側に回りました。

この後名寄で1泊して1日目終了。いや~、疲れた。


DSC_6103_20110604_3589_01.jpg
2日目はすることがないのでせっかくここまできたので道の駅巡り。
まずは雄武。オープン直後に行ったため売店の人がトイレ掃除中。帰りを待ってマグネット購入。

DSC_6105_20110604_3591_01.jpg
続いて興部。「興部牛乳」という言葉をどうでしょうで聞いた覚えがあったので牛乳購入。
あまりの濃さにクリーム浮いてました!!
そして初めてのうまさ!!
おすすめです。

そのあとは紋別の道の駅をに寄り、滝上の道の駅。
どうやら芝桜まつりなるものが催されていたらしく、
DSC_6111_20110604_3597_01.jpg
斜面一面ピンク!!

正午ごろに西興部の道の駅に寄り、お昼ご飯は名寄でとった。

そのあとはおとなしく帰札。

1日目の後半はまるで去年の道北遠征のようだったw
そして2日間の総移動距離は約1000キロ。3人でよくドライブしたものだ・・・。
スポンサーサイト



テシオコザクラの旅(前篇)

3日の午前1時に同期を1人、途中で後輩を1人乗せ、高速道路を士別剣淵まで利用して天塩へ。
地図を見ながらも道にまよってしまった。
どうにか目的地にたどり着き、群生地目指して散策を始めた。

DSC_5944_20110603_3458_01.jpg
葉の巻き方から、アポイタチツボスミレでしょうか。アイヌタチツボスミレも咲いていた。

DSC_5988_20110603_3496_01.jpg
こちらはフイリミヤマスミレ。

DSC_5989_20110603_3497_01.jpg
エゾアオイスミレ。序盤は花が終わってましたが、群生地の前あたりで開花していた。

DSC_5964_20110603_3477_01.jpg
オクエゾサイシン。去年小樽で見て以来。

DSC_6005_20110603_3511_01.jpg
ツバメオモト。初めて見た。

DSC_6011_20110603_3517_01.jpg
こちらはエゾイチゲ。

DSC_6004_20110603_3510_01.jpg
ミツバオウレン。

そしていよいよテシオコザクラ群生地・・・
DSC_6031_20110603_3531_01.jpg
DSC_6066_20110603_3560_02.jpg
圧巻の光景!!満開でした。もっと絞り込んで撮ればよかったと反省しつつも、生で見れたことは本当にうれしかった。
植物見て興奮したのは初めてかもしれないw
斜面一面に咲く姿は正に群生という言葉が合う。

DSC_6080_20110603_3567_01.jpg
帰り道にて、エゾミヤマクワガタを発見。かっこよくて気に入った。同じゴマノハグサ科のオオイヌノフグリとは大違いだ。
なお、散策路にはアポイタチツボスミレ・アイヌタチツボスミレが至るところに咲いており、踏まないよう歩くのに苦心した。
また、今年初めてハクサンチドリを発見。私のお気に入り。
植物の宝庫であった。


後半に続く・・・。