FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東 in summer 2010

遅ればせながら夏道東の話題を。
9月14~16日の3日間行われた今年の道東。
とはいっても日が変わるのを我々は待ち切れずに13日・23時ころに札幌を出発した。

当然ながら夜の移動なわけで、夜ならではのものを見ることができた。
そのひとつが日勝峠。
DSC_4624_20100914_2200_01.jpg
DSC_4636_20100914_2212_01.jpg

この遠征も好天であった。ラッキー!!

陽が昇るころには日高地方に到着し、朝日を見ることに。
DSC_4651_20100914_2226_01.jpg

そして思いつき(?)で幸福駅にも寄ることになった。
幸福駅が帯広にあるとは知らなかったなぁ。
小さい駅舎だったけど中にはたくさんの切符やら何やらが壁・天井にびっしりと貼り付けてあった。
カップルが多く訪れたのかな??
DSC_4668_20100914_2243_01.jpg

足寄で昼食を取ってからオンネトーへと向かった。
ここは湖か池かはわからないけど、大きさとしては湖だと思う。DSC_4685_20100914_2260_01.jpg
看板をよく見たら湖ですね(笑)。
オンネトーには「水曜どうでしょう」にも登場した温泉がある。ここに、まだ日中ではあるが入浴した。
先日どうでしょうのDVDを見て八ッ、とした。
シンプルな設備ではあるけど地面から湧き出る温泉には驚いた。

今年もまたあの場所へ。
ザ・リベンジ・オブ・カミノコイケ
神の子池。ダートを抜けた先にある神秘的な池。
安全第一で走破し無事辿り着いた。よかった・・・。
DSC_4692_20100914_2267_01.jpg
この青さの原因は一体何なのでしょう??
まさに神のみぞ知る、ということですかねw

陽が落ち、中標津の開陽台で風景を堪能した。
DSC_4710_20100914_2285_01.jpg
ここには高性能ながらうまく調整できない望遠鏡が設置されていた。なんだかわからないが自分がのぞいたらキレイに月にピントがあって・・・みんなで月の撮影会!!
でも残念ながら自分のカメラではうまくいかなかったorz
このときはコンデジにの方が有利だったんですね。

1日目は尾岱沼でキャンプを張った。
夜中に私は一人起き、女子高生がバンドをやるあのアニメをワンセグに録画しながら視聴するのでした・・・。


2日目は主に海岸近くを散策する日程。
まずは野付半島。ここからは国後が近くに見ることができた。
一帯には国後返還を求める張り紙などが多くあった。午後の歯舞とともに領土問題を直に感じるよい機会となった。
DSC_4731_20100915_2305_01.jpg

このあとは根室。お昼においしいエスカロップをいただいた。うまかった!!
そして納沙布岬。
DSC_4765_20100915_2339_01.jpg
領土問題が早く解決することを願います。

この日はなぜかスケジュールが狂ってしまい、春国岱の到着も遅れてしまった。
でもそれが逆に夕焼けを見る絶好の機会を与えてくれた。
DSC_4799_20100915_2373_01.jpg

2日目は浜中町は霧多布でキャンプを張った。
この浜中はルパン三世作者・モンキーパンチ先生のふるさと。以前プロジェクトXを見てたら登場したんだよね。確か僻地の医者の話だったような・・・。


3日目。朝霧多布湿原を散策。まだまだ植物が見れた。
高台に移動するとタンチョウを発見!!
これを発見したY君の直感の素晴らしさには驚くばかり。
DSC_4839_20100916_2413_01.jpg
湿原と町が一体化しているのがおもしろい。
その後ネイチャーセンターへ移動。
DSC_4849_20100916_2423_01.jpg

再び岬に戻って散策をした。
DSC_4866_20100916_2440_01.jpg
ここでは謎の集合写真を撮影!!
寝転がったり脚を開いたり・・・謎。
時刻はちょうど鮨屋が開店するころになり、そこでサンマ丼を食べた。高騰する中、幸運にも食べることができてよかった。胡椒とたまねぎがポイントだったね。辛かったけどうまかった。

こうして札幌に向かいつつ最後の目的、豚丼を食べるために帯広に。でも時間がなくなって断念。
今度またきて食べたいなぁ。


なんだか今回は縦の写真が多いような・・・。
やっぱり写真は難しい!!
レンズほしいけど最近はサブカルチャーにお金かけたいからなぁ(笑)。
バイトをしよう!!


今回はこの辺でお開きです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。